ニューヨークで3年間マイムの基礎を学ぶ。帰国後年1.2回のペースでマイムの新作を発表。一方、大道芸やオペラ、演劇、ダンスとの共演で活躍の場を広げ様々な経験から培われた表現力、シャープな動きと視点で独自の世界を創りあげている。

Learn the basics of Mime for three years in New York. Mime's new work was announced at 1.2 pace after returning home. On the other hand, he has created his own world with expressive power, sharp movement and perspective cultivated from various experiences by expanding the place of activity in collaboration with street performers, opera, theater and dance.
​舞台や大道芸を30年くらい続けています。
​やまもとこうよう、と読んでください。
​パントマイムを使って様々なことを表現します。
虫や動物、赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで。海の中から宇宙まで広がります。パントマイムの自由さが面白くってまだまだ​道は続いています。

山本光洋(やまもとこうよう)プロフィール

高校時代に落語研究会、大学時代は演劇に関わり、卒業後渡米。ニューヨークで3年間マイムの基礎を学ぶ。渋谷ジァンジァンにて10年間、年1,2回のペースでマイムの新作を発表。 2005年より中野planBで連続新作公演「かかしになるために」第1回〜10回、現在は「丘を越えて」1〜3回を続行。一方、大道芸やオペラ、演劇、ダンスとの共演で活躍の場を広げ様々な経験から培われた表現力、シャープな動きと視点で独自の世界を創りあげている。

 

●ソロ公演 【国内】 渋谷ジァンジァン 中野planB 横浜STスポット シアターX こまばアゴラ劇場 銀座小劇場  新潟市民劇場りゅーとぴあ 山形県川西町フレンドリープラザ エルパーク仙台ギャラリーホール 徳島鳴門ドイツ館 新潟県加茂市文化会館 ダンスアート白州 山口県子ども舞台芸術フェスティバル 甲府市桜座 北九州芸術劇場 シアターイワト 名古屋テレピアホール他 【国外】 第2回マイムフェスティバル・バリ(’94)/韓国マイムフェスティバル・チュンチョン・インチョン(’95・’96・’99・’00)/エジンバラ国際演劇祭フリンジ公演(’99)日韓フェアにおいてソウル・済洲島公演(’04)タイマイムフェスティバル・バンコク、大学路コミュニケーションフェスティバル・ソウル(’06)●舞台出演 かもねぎショット「ダブルス」「夢十夜」「サークルダンス」「ラプンツエルたち」(’00-)パントマイムユニットTORIO代表として全国をまわる(’99-) むごん劇カンパニー「イメージCINEサーカス」(’91-’02)「ミステリヤ・ブッフ」神奈川県民ホールギャラリー(’03) オペラシアターこんにゃく座「フィガロの結婚」(’03) 東京国際フール祭(’00・’02・’06) イヨネスコ作品「禿の女歌手」(’07)「椅子」(’09) 遊機械オフィス・タカイズミプロジェクトvol.1.2青山円形劇場(’08・’09)韓国のパントマイマー・コウジェギョン氏と共演・ソウル(’08)東京(’09) ア・ラ・カルト2青山円形劇場(’09~’13)) もう一つのシルクロード 韓国編(’10ソウル) オペラ「火の鳥」東京芸術劇場(’10) 「僕の時間の深呼吸」出演(青山円形劇場・8月神戸)新日本フィルの生オケ・シネマ「街の灯」オープニングパフォーマンス出演 すみだトリフォニーホール/ 世田谷パブリックシアター@ホーム公演『チャチャチャのチャーリー』世田谷区内の高齢者施設で公演は2020年で11年目となる。

●イベント 静岡大道芸(’07ワールドカップ部門出場)、ヨコハマ大道芸、名古屋大須町人祭他,韓国・タイ・オーストリアなどの国内外の大道芸フェスティバル出演。遊園地・ショッピングセンター東京都ヘブンアーティスト認定者   ●ワークショップ 「パントマイムに学ぶ身体表現」ヤマハ池袋・新宿・目黒(99) 「おもちゃ箱フォーラム」保育関係のセミナー他  自ら東京で定期的にワークショップを主催(’94-) ●その他 日本テレビ「笑点」出演(’09)(‘10)(’12) NHK『今夜も生でさだまさし』