©️伊藤雅章 笑顔
​私の仕事内容
パントマイムを使って様々なことを表現します。

山本光洋(やまもとこうよう)プロフィール

高校時代に落語研究会、大学時代は演劇に関わり、卒業後渡米。NYで3年間マイムの基礎を学ぶ。パントマイムを基軸に大道芸やオペラ、演劇、ダンス、伝統芸能と共演することで培われた表現力、シャープな視点で独自の世界を作り上げてきた。

おやこ劇場、学校、児童館、高齢者施設を全国をめぐり、大道芸ワールドカップin静岡をはじめ大須大道町人祭、横浜大道芸フェスティバルほか全国の遊園地やショッピングモールに出演している。また“チャーリー山本”として「笑点」(NTV)NHK[今夜も生でさだまさし」に登場するなど活躍の場を広げている。

<創作の継続が活動の原点となる新作公演>

渋谷ジァンジァンにて1989年から2000年閉館まで10年間、年1,2回のペースでマイムの新作を発表。2005年から中野planBで 「かかしになるために」 第1回〜10回上演。「丘を越えて」 

 

<大道芸・イベントなどのパフォーマンスの内容は?>

小さな子どもからお年寄りまで家族で一緒に楽しめるパフォーマンス。

虫や動物、赤ちゃんからおじいちゃん、海の中から宇宙まで自由自在のパントマイム。雑貨を使って「犬のシロ」「蚊」風船人形を相手に一人二役のダンス、操り人形「チャーリー山本」が何かに挑戦するシリーズなどなどKOYOならではのアイデアを使い、マイムをさらに楽しく見やすくした。マイムの縦横自在なところを体感してもらいたいとみんなでキャッチボールをしたりもする。小さな作品の一つ一つを言葉ではなく、見たまま感じたままをお客さんに受け止めてもらいたい。ノンバーバルなパントマイムで会場は温かい笑顔に包まれています。小作品がたくさんあるので場所や時間、人数などの条件に柔軟に対応可能。

 

 

<舞台公演の内容は?>

パントマイムユニットTORIO「KOYOマイムライブ」はパントマイムの小作品集として全国子ども劇場おやこ劇場を中心に小さな子どもから大人まで一緒に楽しめる舞台公演として進化を続けてきた。2021年3月に開催された第20回アシテジ世界大会国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバルでは国内招待作品として選ばれた。保育園、児童館、学校公演などで上演している。

<仲間の一人として公演活動は?>

笑うアミーゴス

ア・ラ・カルト2

チャチャチャのチャーリー

これまでの活動記録 ​ <ソロ公演>  ​ 【会場】 ​ 東北・北陸  新潟市民劇場りゅーとぴあ  新潟県加茂市文化会館('02)  山形県川西町フレンドリープラザ('01)  エルパーク仙台ギャラリーホール ​ 関東  渋谷ジァンジァン  横浜STスポット  シアターX  南青山マンダラ  銀座小劇場  シアターブラッツ  深川座  シアターイワト  中野planB  あさくさ劇亭  ザ・スズナリ('12)  北沢タウンホール  東京ノーヴィー・レパートリーシアター  こまばアゴラ劇場  ぐんま子供の国('12) ​ 中部  甲府桜座  名古屋テレピアホール('9,’10,'11,)  愛知県芸術劇場小ホール('13,'14)  名古屋プレジャースタジオ  静岡アトリエみるめ('12)  静岡あそviva!('16) ​ 西日本  大阪應典院ホール  島根県芸術文化センター「グラントワ」('14)  徳島鳴門ドイツ館  太宰府館まほろばホール('08) ​ 【国内フェスティバル】 ​ 第6回北1条文化ゾーン・フェスティバル   「ボディ・アートシンフォニー」北海道厚生年金会館第ホール('92) 東京国際フール祭(’00・’02・’06・’09)  ダンスアート白州('01) 山口県子ども舞台芸術フェスティバル('03) 北九州パントマイムフェスティバル('08) アジアマイムフェスティバル('95,'96長野) シアタークラウンフェスティバルin東京 スペースゼロ('10) いいだ人形フェスティバル なにわ人形芝居フェスティバル 喜多方21世紀シアター('18) 台東区「下町っ子シアター」('18,'19,'20) マイムリンク主催「パントマイムウイーク8,9」MAKOTOシアター銀座('08)   「東京マイムフェス」スタジオエヴァ('14) 日本パントマイム協会「日本のカラダ。パントマイム」渋谷区文化総合伝承ホール('17) りっかりっかフェスタ2020('21) 第20回アシテジ世界大会国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル('21) ​ 【海外フェスティバル】 第2回マイムフェスティバル・バリ(’94)  韓国マイムフェスティバル(’95・’96・’99・’00) エジンバラ国際演劇祭2週間フリンジ公演(’97) 韓国・大学路コミュニケーションフェスティバル('06)  タイマイムフェスティバル(’06,'18,'19) 日韓フェアソウル・済州島公演(’04) アジアマイムキャンプフェスティバル('19) 韓国WATA('18,'19) ●パントマイムユニットTORIO「KOYOマイムライブ」(作・演出・出演/山本光洋) で全国の子ども劇場おやこ劇場を巡演中。('99年より現在まで約150ステージ) 島根県内をアウトリーチ公演('14〜) 他全国各地の小中高校の学校公演、幼稚園、保育園、児童 <コラボ作品> ​ 神山一郎  「東京カバレットキネマ倶楽部」東京キネマ倶楽部('05) ダメじゃん小出  「東京モザイ区」シアターイワト('07) ふくろこうじ、加納真実  「コージ・コーヨー・mamiカノーースラップスティック」                  フール祭オムニバス笑うからだと笑う音楽 シアターX('6,'11) コ・ジェギョン   ソウル公演・東京公演シアターX 「1+1」第5回東京国際フール祭('07) 小島屋万助、本多愛也  パントマイムユニットTORIO「TORIOマイムライブ」('95〜'15)全国50ステージ クラウンヤマ  「やまやま会」プーク人形劇場('12)  クラウンびり  「山本光洋ソロライブお蔵出し7月場所 東京ノーヴィー・レパートリーシアター('18)  ましゅ&Kei   「飯田クリスマスShow」('12)  ダメじゃん小出、三雲いおり、サンキュー手塚、加納真実      パフォーマンスカーニバル「蕨学園」 vol.22蕨市JAZZ LIVE Our Delight ちゅうサン  「MY BLUE HEAVEN」ソウル('16)、「ザッツ笑タイム!」静岡・川根本町文化会館 プレジャーB   名古屋・プレジャースタジオ('05,'07,'10,'14,'16) 加納真実、シルヴプレ  「マイム三昧in Yokkaichi」四日市市文化会館('19)  ​ <舞台出演>  ●ピアノ 榊原光裕 ('03)仙台市青年文化センターシアターホール  ●常磐津和英大夫 「第1回、第4回 たのしい常磐津の時間」荒川区ムーブ町屋 ムーブホール('09) ●ダンス カンパニーレゾナンス ダンス公演「from 6 rooms」草月ホール ●オペラ 加藤 直 演出作品  「ミステリヤ・ブッフ」神奈川県民ホールギャラリー(’03)「羅生門」日生劇場('02)「もう一つのシルクロード」韓国公演(’10) 「ヒト・マル」島根県芸術文化センターいわみ芸術劇場(グラントワ)('15) オペラシアターこんにゃく座   「フィガロの結婚」世田谷パブリックシアター(’03) ​ ●演劇ほか むごん劇かんぱにい「イメージ・シネ・サーカス」   スイス・フランス・香港公演・本多劇場・スペースゼロ・渋谷ジァンジァン('91〜'02) むごん劇+劇団鳥獣戯画「モダンダモン」シアターX(’98) シアターX提携公演 遊・アンチピェスイヨネスコ作品「禿の女歌手」('07)「授業」「椅子」('09) かもねぎショット「ダブルス」(2000)「夢十夜」「サークルダンス」('04,'06)「ラプンチェルたち」('05) 遊機械オフィス・タカイズミプロジェクト  「Over The Rainbow〜アリス的不完全穴ぼこ堕落論〜」('08)  「Second Lesson〜カエルの王子が導く超個人的恋愛作法〜」('09)  「僕の時間の深呼吸〜21世紀バージョン〜」('10)青山円形劇場・兵庫県立芸術文化センター('11) ●連続出演中の作品 「ア・ラ・カルト2」 (演出/吉澤耕一・台本/高泉淳子) ソムリエ役、老紳士役として'09年より出演。'21年で13年目の出演となる。青山円形劇場、東京芸術劇場シアターイースト、 横浜モーションブルー、近鉄アート館、「僕のフレンチ」LIVING ROOM CAFE & DINNING('19) 世田谷パブリックシアター@ホーム公演『チャチャチャのチャーリー』(作・演出/ノゾエ征爾) チャーリー役で出演。世田谷区内の高齢者施設で公演は'22年で13年目となる。 <イベントなどの出演> さだまさし・まさしんぐWORLD2011東京国際fフォーラムA ('11) ロバートバーロー「あそびの教室」ロバハウス('18) DJ Oni「MIRROR BALL CIRCUS」六本木クラブグラント  新日フィルの生オケシネマチャップリン  「モダンタイムズ」('16)「街の灯」('17)「黄金狂時代」('18)「キッド・担へ銃」('19)すみだトリフォニーホール        チャップリンに扮しオープニングアクトとして出演。すみだトリフォニーホール ​ 桂文我+シアターX特別公演 「不思議な不思議な寄せあつめ」('01) 三遊亭兼好 独演会 三鷹・星のホール('13,'19) 春風亭一之輔 独演会 中野ゼロ('13)  春風亭昇太 独演会('14,'19)甲府 「昇太・春夏秋冬vol.5 」かなっくホール('15) 立川志の輔 「noにぎわい」横浜にぎわい座(’17) 「らくごあっぱれPLUS」成城ホール('12) 柳家三三独演会 「たびたびさんざ」 小田原市民会館('15) 小宮泰孝・柳家三三「小田原提灯ぶら下げて」小田原市民会館('12)  「ごらく亭の夏休み」新宿角筈区民ホール('20) 柳家さん生独演会(’19) 国立劇場演芸場「花形演芸会」('90,'93)「3月上席」「親子で楽しむ演芸会」('99) 長崎寄席('11,'18) 木村万里プロデュース  「笑いの人間交差点」紀伊國屋ホール('06)  「絹4.5.13.14」('04-'07)しもきた空間リバティ  「渦29.31.33.34.35.37.39.40.41.42」('12-'18)しもきた空間リバティ 第13回東京ギャグコレクション 豊島公会堂  第816回府民劇場「奇想天外お笑いショー」ラブリーホール小ホール('99) オオタスセリ企画「ペコちゃんライブ」(第3,?回)欽コン館「スセリ⭐︎台本劇場4,18」楽園('12)「劇」小劇場('15)  「永六輔さんを語ろう」楽園('16)「下北沢寄席」北沢タウンホール('20) ​ 「カバレット・チッタvol.3」クラブチッタ川崎('03) 「カバレットキネマクラブ」東京キネマ倶楽部('05) 「サンクスフェスタ」新潟市ユニゾンプラザ・加茂文化会館('07) NHK「朗読と音楽の夕べ 」 アクロス福岡イベントホール ('08) 陸前高田でいろんな公演をしよう会  「リクゼンタカタ〜私はどうして東京と東北で公演をやろうと思ったのか〜」ザ・スズナリ('12)  「リクゼンタカタでオモシロイこと、はじめました」 陸前高田市内特設会場・光照寺無量閣('13,'14) アラライライブ第60・65・68回 絵空箱 ​ ​​ <大道芸・イベント>  大道芸ワールドカップin静岡('2000ジャパンカップ部門、’07ワールドカップ部門出場) 野毛大道芸、ヨコハマ大道芸、高知大道芸フェスティバル('20)名古屋・大須町人大道祭他  韓国・タイなどの国内外の大道芸フェスティバルや遊園地・ショッピングモールなど。 ​ ●上記で連続出演のもの 大道芸ワールドカップin静岡は’94と'98年より連続23回出演。 野毛・ヨコハマ大道芸通算20回以上出演。 大須大道町人祭、東京スカイツリータウン・ソラマチ大道芸、自由が丘マリ・クレールフェスティバル、 ながの大道芸フェスティバル、富山大道芸フェスティバル、だい・どん・でん札幌カーニバ流、こっちゃこ大道芸 ​ <ワークショップ>  「パントマイムに学ぶ身体表現」ヤマハ池袋・新宿・目黒(99) 東京芸術劇場夏休みこどもワークショップ「パントマイムをやってみよう」東京芸術劇場('07) 合唱団 響 「海の少女」すみだトリフォニーホール('12) 国際サーカス学校パントマイムワークショップ 沢入国際サーカス村('18)  おもちゃ箱フォーラム、こいのぼり幼稚園、  プロダクション人力舎、 名古屋・プレジャー企画('99〜)  東京ノーヴィー・レパートリーシアター('14〜) まつもと市民芸術館「まつもと演劇工場」('14〜) 戸塚区民文化センターさくらプラザ「真夏のこども探検隊」 他東京で定期的にワークショップを主催(’94〜) <テレビ出演> 日本テレビ「笑点」出演(’09、‘10、’12) NHK総合今夜も生でさだまさしスペシャル「いつでも夢を!朝まで生で音楽会」(’13) NHK総合「泉谷・さだの“ふんばれ!ニッポン”('20) <CM> ラジオ ナレーション「シャウエッセン」 <MV出演>  miwa「片想い」ミュージックビデオ(岩井俊二監督)('12) ​ <その他> 東京都ヘブンアーティスト登録者 一般社団法人日本パントマイム協会理事 ​ ​