笑うアミーゴス
​公演特設ページ!!これまでの記録でどんな感じかわかると思います。3人のおじさんたちは作品作るのが大好きみたいです、そんな風に思えます、たぶん。

 

​1回目の公演前に寄せられた期待の言葉

​・クレイジーな3オジ

​・みんなの腰は大丈夫なのか、楽しみすぎてヤバイ

​・気合い入ってるのか、間に合ってないのか?

​・次回あるかないかわからない3人のステージ

笑うアミーゴス出演のご依頼は 

有限会社スタジオエッグスへ。

ジャンル 舞台

公演日時 2022年4月5日午後7時(終演8時45分)

会場 築地本願寺ブディストホール

出演 山本光洋、ふくろこうじ、道化師びり

 

楽しい公演だった。90分肩の力を抜いて、自然に引き込まれ、3人がつくる笑いの世界を堪能できた、そこから生まれた楽しさ、こういう楽しいステージは久しぶりだった。公演後のあいさつで山本光洋がふたりを誘って生まれたステージということがわかった。それぞれ自分のネタをもっている三人なので、そのネタを三人でつないでいくのかと思っていたが、三人一緒がベースで、そこにそれぞれの自分のネタをはさんでいくという構成になっていた。まさかここまで三人が一緒になってネタをつくっているとは思わなかった。どんな風につくっていったのかメーキングがあったら見てみたい。三人のクラウンショーというと、キャラクターをそれぞれに表にだして、ぼけて、つっこんで、落とすみたいな組み合わせでもっていくのが、正攻法だと思うのだが、この三人はそうしたギスギスしたそれぞれの際立たせということではなく、自然体で、ネタをつくるというよりは、演じる中で、面白いことを発見していくというなつくりだったような気がする。そこからゆとりというか、遊びのようなものが生まれ、笑い、そして楽しさが生まれてくる。最後の「バナナアミーゴス」は大きな網の中にあるバナナをとろうと、三人がいろいろやるのだが、そのひとつひとつは、ぼけ、突っ込み、落とすというリズムではなく、バラバラなのだが、演じながら、おかしみを生みだしていく。つまりきっしりとした構成ありきの世界ではなく、自然に組み立てていく笑いの世界があった。ひとつひとつ面白いネタばかりだったが、「ペニーズフロムヘブン」という三人が袋をもって、空から落ちてくるお金を待っているというのが、なかなか深みがあった。話題の映画「ドライブ・マイ・カー」の冒頭は「ゴトーを待ちながら」のシーンなのだが、まさにあの「ゴトー」を思い出させる、発想の面白さがあった。山本光洋のマネキンは、大道芸などでもやっているネタだと思うが、これはひとつの作品として、世界に出せると思うというか、見せたいものになっている。こういうことを言っては失礼かもしれないが、いままでびりはいろいろ見てきたが、この作品のびりは伸び伸びとして、こんなに面白いクラウンだったのかと思った。

かつて山本光洋は、亡くなった本多愛也たちとTRIOというユニットをつくっていたが、このアミーゴスはあれ以上に可能性を秘めているような気がする。続編がとても楽しみだ。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
​アミーゴスからのお願い

​1回目公演の感想

​最高でした!・Mさん

段違いのおもしろさに背筋がピンとなりました!

また次も必ず行きたい!・Eさん​​

​マジでハンパないくらい最高に笑った!あの領域まで行くと本当に演目って言うか人柄とかキャラクターとかもうそれを超えてオモロい!あんなオジサンになりたいな〜!カッコ良くて、面白くて、いい意味でバカで!本当に最高でした!・Tさん

​おもしろかった!おもしろかった!おもしろかった!大笑い!!笑うアミーゴス。・Wさん

ベテランのすっとこどっこいおじさん三人による珠玉のクラウンショー。 笑い疲れるまで笑った! かわいい! 愉快!

すごい! 狂ってる!

ソロも素晴らしい三人が、トリオで生み出す空気が最高!

ああ、尊敬です。・Yさん

みんなみんな可笑しすぎました。息をするように面白い事をこれでもかと畳み掛けてくる!!

わかっててもやっぱり笑ってしまいます

​ほっぺが痛いです…・Kさん

おもしろおじさん三人組は最強でした!!以上!!!(笑)

​はあー笑った。もうずるいわ。・Sさん

​最高の笑いと元気をくれたのは可愛くて素敵な三人のおじさんでした!・mさん

 

​いやー、面白かった!いくつになっても本気でバカをやる姿はカッコいいです!・Sさん

絶対面白いはずって思ってたけど、期待をはるかに超えていた。

​1×3=3じゃなくて30だった。・Sさん

見た!ワロタ!

かーっ!このステージのおもしろさを言葉にできんのがもどかしい。なんでこんなおもしろいことができるんやろ!?

​三人の芸がスゴ過ぎ、楽しすぎでした。・Sさん

​可笑しくて優しくて渋い化学反応を観てきました。山本光洋さんが実に楽しそうだったのが印象的。アミーゴは友、という意味なんだね。・Cさん

最初から最後まで目が離せず圧巻のパフォーマンス!!後出演者のお腰がご無事でありますように・Sさん

​かっちょいいおじさん達を観てきました。やっぱりコメディをやりたい!と思える舞台でした。1回で終わりなんてもったいないと思ったらまたやるそうですよ。楽しみ。・Mさん

最初から最後まで面白くてずっと笑ってました〜!

本当に最高でしたっ!!!・Wさん

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。